メタバースに衝撃が走る、《MetaCity M》がLISAをグローバルモデルとして正式に発表!
Gamamobiが開発した世界初の「オープンワールドメタバースモバイルゲーム」《MetaCity M》が、BLACKPINKのメンバーであり、韓国のトップエンターテインメントエージェンシーであるYGの下でアジア、ヨーロッパ、アメリカで人気のあるガールグループBLACKPINKのメンバーであるLISAがグローバルモデルになると正式に発表しました。
彼女は音楽とファッションの世界で人気があり、ステージ外でのキュートで愛らしいパーソナリティで知られています。彼女の親しみやすさと美しさは現在世界を席巻している《MetaCity M》のメタバースの世界と一致しています。このような驚くべき国境を越えた共同協力は、両者が世界にどのような驚きをもたらすか楽しみです!

世界初オープンワールドメタバースモバイルゲーム、すべての夢を実現できます
2020年から開発されている《MetaCity M》は、「オープンワールドメタバース」に焦点を当てています。《MetaCity M》の各惑星には、1,600以上の小さな町、690の二級都市、55の一級都市、そして5億1000万平方キロメートル以上のビッグアドベンチャーワールドがあり、友達と隣人になったり、世界中のさまざまな国の人々と一緒に毎日ドライブしたり、歩いたり、飛行機に乗って、色々な場所を探検したり、山の頂上に行って日の出、日没を見たり、四季を楽しんだり、宇宙船に乗って他の惑星に行きさまざまな世界のプレイヤーを訪ねることができます。ゲーム内では、建設スキルを発揮して、世界中のプレイヤーと一緒に町を開発し、ユニークなメタバース都市を作成することもできます。
ゲーム世界について

「MetaCity M 」は、グローバル共有サーバーによる、セミサンドボックスのオープンワールドのメタバースゲームであり、すべてのプレイヤーが「無料」かつ「無課金」で参加できます。 ゲーム内の各惑星には、合計1600以上の町、690の二級都市、55の一級都市があり5億1千万平方キロメートルを超えるメガアドベンチャーワールドが存在します。 ここでは、隣人である友人たちと共に暮らし、毎日車や徒歩、飛行機で探検や旅行に出かけ、秘密の山頂から朝日や夕日や四季の移り変わりを眺め、宇宙船に乗り他の惑星にいる異なる世界のプレイヤーを訪れることができます。それは現実世界に疲れた人々のための、豊かで喜びに溢れた新たな世界です。

このメタバースゲーム世界では、すべてのプレイヤーが収集、クラフト、建築によって15種類以上のライフスキルを身につける必要があり、ライフスキルの向上と職業の選択により、より多くのアイテムを作成し、プレイヤー間の取引や協力によって、町づくりを発展させることができます。

各惑星の発展には、すべてのプレイヤーの参加と協力が必要であり、町の建設に資源を投入することで、国境を越えた鉄道輸送、空港、娯楽施設、より多くのゲームシステムの開放、財政、市町村選挙システム、町のアップグレードが可能です。


毎日が新しい挑戦と冒険であり、映画「レディ・プレイヤー1」のように他のアニメや漫画のキャラクターと共に熱いカーレースをしたり、スリリングなシューティングゲームをしたり、あるいはRPGアドベンチャーを楽しんだりすることができます。第二の人生を体験したいですか?「MetaCity M」のメタバースのバーチャルワールドで、現実世界の理想と夢を叶えましょう!



土地について

「MetaCity M」の世界では ”土地” はすべての始まりであり、とても重要な立ち位置にあります。一つの惑星には計24万区画の土地が存在し、その半分の土地はNFT化され購入したプレイヤーにより保有され、NFT化された土地だけが、アパートやビルを建築することができます。各町の周辺の土地はあらかじめ開発済みです。プレイヤー同士のコミュニティは互いに隣接しているため、一緒にプレイするユーザーが見つからないという心配はありません。

利用できる土地の広さは30×40を下回ることはなく、プレイヤーの建築スキルレベル(LV1~LV5)に応じて徐々に使用可能な土地が開放されるため、一度土地を所有すれば追加の土地を取得することなく、豪邸や高層ビルや商店の建設が可能になります。

各惑星にある24万区画のうち、半数の区画がNFTとしてmint(鋳造)され、プレイヤーが所有できるようになり、残りの12万区画はプレイヤーがレンタル(最初の1週間は無料)のみできるようになります。NFTの土地を購入したすべてのプレイヤーは、土地を永久に保有し、売却や譲渡ができることに加え、他のプレイヤーに土地を貸すことも可能となります。プレイヤーが家賃を払わず、システムにより土地が差し押さえられた場合でも(公式土地:2日以上延滞の自動引き落とし失敗、プレイヤーレンタル土地:1日以上延滞の自動引き落とし)、建物や家具、インテリアなどはバックパックや個人の回収ボックスに戻され消えることはありません。ただし、延滞賃料が支払われるまでの間、オークションルームなど一部のゲーム内機能が制限されます。

町を取り巻く土地と資源は連動しており、町によって地形や植物などの外観に違いがあるため、地理的な位置によって土地から採取できる資源のレベルは異なってきます。

「個人の土地」に関して。

01.NFT

02.NFTのランダムボーナス値追加

03.所有者専用

04.ゲーム内で他のプレイヤーにレンタルできる(ただし、その際にレンタル料を支払った場合のみ)。

05.WEB3で他のプレイヤーに転売できる。

06.将来的にアパートや ビルに転用できる(数階分を転用し、他のプレイヤーに売ったり貸したりすることができる)。

07.地主は家賃を払わなくていい

08.固定資産税がかかる(公定歩合制の週払い家賃よりかなり安い)

「公式の土地について」について:

01.公有地システム

02.プレーヤーがレンタルした土地は平屋の建築しか行えない

03. NFTのランダムボーナス値の追加はありません。

04.アパートやビルを建設できない

05.週貸し(100MetaCoin/週、新規アカウントは最初の1週間無料)。

土地の市場時価について
MataCity Mの各NFTの土地は唯一無二で、メタバースにおける重要な仮想資産であり、ゲーム内で他のプレイヤーにリースすることができます。 ユーザーが保有するNFTは、その都市の土地のレベル、MataCity Mの人気、将来への可能性、パートナー企業の信頼度などによって市場価値が決まり流通市場にて取引されます。


今後、MetacityMでは広告塔や ゲーム・アニメのメジャーIP、有名ブランドなど、さまざまなパートナーが街や店舗に住んだり、コラボレーションしたりするようになり、こうしたスペシャルブランドの入居により周辺の土地の価値も高まると予想されます。

NFTがスマートコントラクトを通じて作成されると、NFTの人気、将来の期待、メーカーの信頼性に応じて、世界中のすべてのプレーヤーに一次および二次市場取引である程度の価値成長スペースが与えられることが予想されます。
ただし、《MetaCity M》のプレーヤーの大多数を考慮すると、2022年1月の第一弾OGの土地価格に加えて、公式に限定販売されたすべてのNFTは、土地や物件の外観、ほかのアイテム、何回目の販売かにかかわらず市場価格から切り離された統一価格になります。つまり、一次および二次市場価格が高くても、公式に限定販売されたすべてのNFTの価格は市場価格高騰などの理由で値上げされることはありません。
市場では、発行価格よりも低い価格の土地やアイテムのNFTを随時回収し、回収されたNFTは再度販売することも販売数として増やすこともなく、土地は公式システムの借用地に戻ります。
物件について
「MetaCity M」は土地に建てられた物件で、「個人物件」「物件外観」「専門店」「商業店」の4種類に分類され、物件ごとに外観と内観が分かれています。《MetaCity M》の物件は「移設可能」な物件であり、土地に賃貸物件を建てた後、世界中の自分名義で購入したり借りたりした空き地にいつでも移設することができます。物件は「個人物件」「物件外観」「専門店」「商業店」の4種類に分類され、物件ごとに外観と内観が分かれています。


「個人物件」:ゲーム内のスキルレベルが反映され、ゲーム内の主な住宅開発のひとつです。 クエストガイドに従って素材を集めて制作することで、ゲーム内の最初の物件を建築することができます。ゲーム開始後はまず、ミッションに従って材料を集めて最初のバンガローを建設します。個人建築にはレベルがあり、「バンガローステージ」(誰でも建設可)、「アパートメントステージ」(NFTの土地でのみ利用可能、改築免許と相当の資源が必要、生産する階数はすべて個別景観物件)、「ビルディングステージ」(NFTの土地でのみ利用可能、一級都市でのみ利用可能、改築免許と相当の資源が必要、生産する階数はすべて個別景観物件)があります。バンガローは5つのレベルに分かれており、各レベルは条件を満たしていればアップグレードや建て替えが可能です。プレイヤーの好みによって屋根、外壁、窓、ドアを異なる任意の外観の家にアップグレードすることができ、理想のスタイルを作り上げることができます!

「物件外観」:工事の手間をスキップして、物件の外観を変えることのできる最も簡単な方法ですもちろん、外観が変わるだけで、室内の広さや物件の基本的な価値は変わりませんが、このユニークなアイテムは、スペシャルイベント、ショップ、設計図を作成することで入手できます。よりグレードの高いタイプの建物や、他のスタイルの建物に外観を変更したい場合、「物件外観」を使うだけで十分に楽しめる事でしょう!

「専門店」:プレイヤーが生活スキルを一定レベルまで上げた後に開くことができる「生産性のある」個人商店または工場です。個人商店を建設してオープンすると、新しいスキルツリーを開発するシステムが解放され、それは他のプレイヤーとは違うユニークな製品を作るためにプレイヤーが選択できる発展の方向性となります! 例えば、自動車工場では、「機関車」「バン」「スポーツカー」などを製造するスキルツリーが選択可能です。

スキルツリーのリセットを選択した場合、設計図などの消費された資源は戻りません。「専門店」で生産したアイテムは、ストア内で直接販売(使用通貨:ゲーム内のダイヤモンド)することができ、販売したアイテムはゲーム内の「オークションハウス」にも同時出品されます。プレイヤーが「専門店」から直接アイテムを購入する場合、地方消費税(市町村税2%~3%)がかかり、「オークションハウス」から購入する場合は、さらにシステム消費税(10%)がかかるという違いがあります。


「商業店」:「専門店」と「商業店」は、『MetaCity M』のプレイヤーが複数の土地で発展をできるようにするものです。プレイヤーは、所定の条件を満たし、ゲーム世界に出店するための賃料を支払うと、自分の土地や借りた土地に商業店舗を建設・開業することができます。商業店舗とは、店舗、展示場、コンサート会場、バーなど、用意された部品に従って、プレイヤーが望むコンテンツを建てることができます。また、プレイヤーは、入口と出口に入場料を設定したり(使用通貨:ゲーム内のダイヤモンド)、ゲーム内で「使用可」「使用不可」アイテムを商業店舗で販売したりすることができます。(車、服、家具......など、ゲーム内容に合ったアイテム)

または業務用店舗での販売用。

01.ゲーム内で使用可能な小道具、ゲーム内容に合うか合わないかの小道具、例えば車、服、家具......。 例えば、有名なスポーツブランドはゲーム内にバーチャルショップを開設し、ゲーム内の服や靴、帽子などを販売したいと考えるかもしれません。

02.現実世界のアイテムを公式ショッピングカートのウェブシステムに出品し、ゲーム内のコマースショップで購入できるようになり、他のプレイヤーがMetaCityMのあなたのコマースショップで直接現実世界のオンラインショッピングができ、購入者の自宅への配送も手配することができるようになります。

室內内装

室内は外部とは独立した空間であり、敷地内の広さは建物の外部よりはるかに大きく、すべてのプレーヤーに創造性、装飾、プライベート空間を提供します。ゲーム内には、床から天井までの大きな窓、中型の開放的な出窓、可愛い小窓などさまざまな窓があり、その多くが「眺望付き窓」になっていることで家の周りの景色が窓を変えるだけで変化する機能を楽しむことができます。

各住宅には、室内空間のほかに、1:1近い広さのテラスがあり、独立して屋外の景色を変えることができます。 人がまばらな山の頂上にいるような感じにしたい、青い海とビーチに面した家にしたい、高層階で毎日日の出と日の入りを見たいなど、毎日の気分で変えることができます。

アバターについて

プレイヤーが初めて「MetaCity M 」に入るとき、キャラクタークリエイトで自分だけのアバターをカスタマイズし作成する必要があります。性別、顔、肌の色、そして様々な人気のヘアスタイルを組み合わせることが可能です。現時点では、1000通り以上の組み合わせがあり、プレイヤーが自由に選べるようになっています。


スターターファッションとして、初めはデフォルトのコスチュームをいくつか選ぶことができますが、ゲームに入ってからが本当の楽しみの始まりです。ヘアスタイル、トップス、ボトムス、シューズなどの設計図は、様々なイベントから取得することができます! また、海外の有名ブランドとのコラボレーション商品もあり、それらを集めることで、「MetaCity M」のプレイヤーは毎日気分や好みに合わせてファッションを変えることができます!

MetaCity Mでは、メタ・ユニバースのマルチワールド感を演出するために、すでに多くの有名アニメ、ゲーム、映画、ブランドからキャラクター移植の交渉とIPライセンスを取得しており、プレイヤーは従来のゲーム内の単一キャラクターモデルにとらわれず、メタ・ユニバースでお気に入りのアニメゲームのキャラクターに変身してクロスオーバー、並びに冒険をすることができます。


生活スキルについて

《MetaCity M》の世界では、従来のゲームの「キャラクターランク」システムは排除され、採集、クラフト、建築といった生活スキルがゲームの核となります。

伐採、採掘、農業、狩猟、漁業、調理、製錬、部品加工、機織りなど、15種類以上の生活スキルがあり、特定のスキルを学び、習得することでプロフェッショナルとなって、プレイヤーはユニークなアイテムを作成し、マーケットで高額で売却することができます。

すべてのライフスキルは、「集める」「作る」「建てる」という行動によってレベルアップし、それぞれのレベルには「到達するとレベルが光る」或いは「スキルをクリアするにはさらに図面を入手する必要がある」(図面は採集、狩り、クエスト、ショップ、イベントなどで入手可能)となっています。 すべてのライフスキルは、YYレベルまでは誰でも学び、実行することができますが、YYレベル以上では、スキルレベルを継続的に向上させるために、自分が専門的に行いたいスキルを選択する必要があります。 プレイヤーが一定のレベルに達すると、個人の成長や町づくりを完成させるために、他のプレイヤーの協力やゲーム内のオークションハウスでのトレードが必要となります。

例えば、高級な洋服を作るには、レベル25以上の「テキスタイルライフ」スキルを持つ2人のプレイヤーの協力が必要です。 システムを通じてチャットチャンネルで人手不足の要望を出すことができますが、これらのプレイヤーを雇うには「ダイヤモンド」という通貨を支払う必要があります。 他のプレイヤーに雇われて製造や建設作業を行うワーカーは、アシスト期間中に他のプレイヤーの手伝いとしてのみ報酬が支払われ、キャラクターの移動やシステム機能の使用には何ら影響を受けません。

NFTについて
まず初めに《MetaCityM》においてNFTは投機的な先物取引ではなく、「仮想資産の保証」や「国境を越えた転移」のためのツールだと捉えており、NFTを鋳造すべきかどうかは問題ではありません。
「MetaCity M」では、プレイヤーの仮想資産を将来にわたって「クロス可能」(メタバース間の移動が可能)の自由度を保つため、素材、個人のゲームレベルアップアイテム(建造タイプの物件アップグレード)、レンタル資産、通貨、消耗品、各惑星の半分の土地だけがもとよりNFTである以外は、ほとんどすべてのアイテムがウェブ上で自由にmintできるようになっています。通常の投資型でゲームファイを中心に収益を上げる単純なブロックチェーンゲームコンテンツとは異なり、「MetaCityM」は、City Coinを消費してゲームアイテムをNFT(物件外観、服装、キャラクターの外観、室内インテリア、ペット、個人の交通手段、プライベートジェット機等を含む)にmintするかどうかはプレイヤーの自由な選択に託されます。この選択は取引・譲渡方法にのみ影響し、ゲームのプレイや体験には影響を与えません。
プレイヤーが通常のゲーム内アイテムをウェブベースからNFT(または元々公式スマートコントラクトで生産されたNFT)に変換すると、NFT化後の追加属性とシステムが作動し、1~5のランダム値の異なるレベル属性であらゆる種類の収集、建築、生産の速度を向上させることができます。 これらの属性は、ゲーム内の数量限定の「数値の宝石」で置き換えることもできます。 また、NFTに変換されたアイテムには、アイテムICONに特別な "N "マークが表示されます。
惑星について
一つ一つの惑星はそれぞれ別の世界だと考えることができ、 もちろん、「モノ」「資源」「機能」という点では共通していますが、地表の環境やバイオーム、鉱物資源の分布などには違いがあるのです。 惑星間は一級都市にあるスターステーションから飛行船で移動・訪問することができます。

NFT取引について
一旦NFTとしてmintされたアイテムは、ウェブ側でのみ譲渡‧取引が可能となり、ウェブ上のマーケットプレイスにアイテムが掲載されますとゲーム内での機能が制限されますので、ご注意ください。 (ゲーム内アカウントとウォレットの紐付けは、公式ウェブサイトから行うことができます。)


すべてのNFTが無料で参入可能

「MetaCityM」には、各プレイヤーが自分のNFT作品を展示するための独立したスペースがあります。
本ゲームはメタバースの精神に基づき、このオープンな仮想世界において、世界中のあらゆるNFTを展示・利用できることを目指しており、どんなプロジェクトであってもNFTさえあれば、ゲーム内のアカウントとウェブ上のウォレットを紐付けて、「MetaCityM」において、「ウォールアート」「壁紙」等といった形態で利用することができるようになります。
「MetaCityM」で展示したいNFT(フィギュア、屋内外の彫像、ペット、個人の交通手段など......) がある場合はいつでも、お気軽にお問い合わせください。

公式NFT販売価格宣言

スマートコントラクトによってNFTが生成されれば、世界中のすべてのプレイヤーはそのNFTの知名度や将来への期待、製造者の信頼度によって、一次/二次市場で一定の価値の伸びが期待されます。 ただし、ゲームプレイヤーのために、2022年1月の第1陣のOG土地価格を除き、正式に数量限定で販売されるNFTは、土地や物件外観、その他のアイテムに関わらず、そして販売時期にも影響されず、市場底値とは無関係に均一価格で販売されます。 つまり、すべての公式限定版NFTの価格は、一次市場や二次市場での価格が高くても、市場基準価格によって上昇することはないということです。

MEGA Token紹介

5大消費用途


NFT購入

商業店舗賃料


広告露出宣伝費用


土地所有権の価値


01.不動産物件の改築権:アパートやビル、マンションを改築することができ、改築後は複数の物件を持ち、他のプレイヤーに売却したり貸し出すことが可能となります。ゲーム運営側より土地を借りている場合、改築権はありません。

02.プラットフォームの仮想コインのエアドロップを獲得:

土地所有者はWEB3 Meta Tokenの最初のエアドロップを獲得でき、OGの土地の所有者には他よりも多くのMeta Tokenが配布されます。

03.ゲームステータス・ボーナス追加

NFTの土地には別でNFTのステータスが追加され、1から5までの数値がランダムで与えてられます;製造、収穫、その他のゲームプレセスにて生産性や利益を増加; なお、システムからの借用地にNFTのステータスは追加されません。

04. 商業用物件の建築権:土地NFTの所有者、又は土地NFTを所有しているプレイヤーより借りた土地でのみ、商業用物件の建造が可能となります。(店舗の設立や開店を含む)

広告制度について

《MetaCity M》のすべての街や建物には、画像が回転するもの、文字が流れるもの、映像が流れるものなど、にぎやかな電子インタラクティブ広告板が多数設置されています。 これらはすべて純粋なディスプレイベース(現時点ではリンクをクリックしたり開いたりすることはできません)ですが、現実世界から一歩踏み出し、仮想の未来世界に身を置くために、3D広告、ホログラフィックプロジェクション、電光ガラスなどさまざまな映像表現を、大きく三つのモジュールに分けて用意しました。

「公共建築物、公共環境広告板」

ゲーム世界のすべての都市や町の公共施設や公共スペース(屋内外)に設置される広告のことです。プレイヤーは、公式Web広告システムで表示したい地域、町、時間、頻度、メディア形式(サイズ、タイプ)を選択し、コンテンツを広告にすることができます。

「個人向け物件広告ボード」

これは、プレイヤーが「能動的に」「自律的に」広告塔を立てるか、立てないかを選択できる機能です。 プレイヤー自身の建物の外壁や、室内の家具や調度品の一部(窓、鏡、壁紙、写真アルバム、額縁、テレビ、冷蔵庫など)に使用することができます。 電源を入れると、広告塔の表示エリアが随時オーダーした広告をローテーション表示します(広告システムでお客様のエリアと広告塔が露出エリアとして選択されている場合)。 (使用通貨:ゲーム内の蓄積価値をダイヤモンドに換算したもの)。 したがって、「私物掲示板」の開設は、プレイヤーが自分で広告を掲載できるようになるわけではなく、すべての広告はウェブサイト上の「広告掲示板審査システム」を通して掲載されなければなりません。


ゲーム内娯楽について


「MetaCity M」は、フルオープンワールドで、プレイヤーは自分の所有物を持ち、ライフスキルを持ち、社交を行い、お互いに資源を交換できるプラットフォームゲームの世界です。 MetaCity Mのゲームプラットフォームの世界では、いくつもの別々のゲームシステムが接続されます。おそらく、正午にはレースの世界で友人とランキングマッチ、午後3時にはRPGの世界でサバイバルマッチ、カジノホールや競馬場は通常の営業時間内は常時営業、年に一度の地域の祭りが近づくと、クリアすべきイベントもあります また、毎年開催される地域のお祭りやイベントにもカジノはオープンし、特定のエリアで限定された課題をクリアすることができます。

これらのゲーム、システム、イベントは、ゲーム内のすべての地域に常時存在し、各ゲームのランキング、スコア、ポイント、ラダーと連動しており、プレイヤーは様々な限定報酬やアイテムを獲得することが可能です。


仮想資産と取引について

メタバースゲーム世界「MetaCity M」では、プレイヤーが収集、製作、構築したすべてのアイテム(拘束力のないアイテムはすべてオークションやトレードが可能)は、個人用電子仮想資産とみなされます。 これらの仮想資産は、個人進行コンテンツ(個人資産など)を除き、プレイヤーアカウント間で取引可能ですが、資産の種類(NFTアイテムとして鋳造されているか否か)によって、「ゲーム内オークション」または「Web上のマーケットプレイス」に分けられます。


01.「ゲーム内オークション」。
ゲーム内でシステムやプレイヤーが生成、製造、構築、収集したほぼすべての仮想アイテム(個人所有物を除く)は、ゲーム内の「オークションハウス」システムで取引することができ、取引ゲーム通貨は「ダイヤモンド」です。
02.「ウェブマーケットプレイス取引」。
ゲーム内アイテムをNFTに変換(ゲーム内アイテムを公式WEBプラットフォームでNFTに変換するかどうかはプレイヤーが選択可能)、または公式NFTを保持して販売すると、WEB3の取引市場でのみ販売・譲渡が可能となり、ゲーム内オークションハウスでの取引はできなくなります。
上記からよくわかるように、ゲームプロップは一般的にゲーム内の「オークションハウスシステム」でダイヤモンドと取引されますが、NFTはWEB3のマーケットプレイスでのみ取引可能です。

職業について

ライフスキルに特化することを選択し、一定のレベルに達すると「転職」を選択できるようになり、「ジョブ作成」、「ジョブ収集」、「ジョブスキルツリー」、「ジョブショップ」に特化することができるようになるのです。また、生産価値コンテンツは、その製造や建設において他のプレイヤーを支援することができる(「他のプレイヤーを雇う」という受動的な要件が派生する)。 主職業が一定のレベルに達したら、副業を追加することも可能で、生産・製造面でプレイヤーが選択する職業が単一職業によって制限されることはないのです。

職能の開発は、キャリアショップの開発とも関連しており、製造技能の開発ツリーも別に用意されています。 各開発ツリーの選択は、製造可能な図面の内容や習得に影響します。 (例:自動車の生産には、「普通自動車」「ステーションワゴン」「スポーツカー」「バイク」...などが含まれる) など)


交通について

《MetaCity M》は、ゲーム世界のマップが非常に大きく、シームレスになっています。 町から冒険の世界へ出るための移動距離はもちろん、町を歩いてみると、その大きさがよく分かります。 《MetaCity M》のゲーム世界では、未開拓の海洋世界を除き、陸上移動、空中移動、惑星間移動の3種類の移動が可能です。


「陸地移動」:

01.歩行、地図上をリアルに移動する

02.プレイヤーが所有する車両(車、機関車...)を用いて地図上を移動する

03.鉄道は、町から町へ、点から点へと、ゆっくりとした動きで、プレイヤーが車両に乗り込み、車内を移動環境をシミュレーションし、待ち時間が終わると、目的地で車両から乗り移る

04.高速鉄道は、一流都市と一流都市の間で、点から点への高速移動であり、車両に乗り込んだ後、車両は移動環境を模擬し、待ち時間終了後、目的地で車両を送り出します。

「空中移動」:

01.小型空港、中距離、高速ポイント間移動は、町がレベル2都市にレベルアップされた後、使用可能。プレイヤーが飛行機に乗り込み、シミュレーション環境で空を移動し、待ち時間が終わると、目的地で飛行機から降りる

02.大型空港、レベル1都市限定の高速国際間移動。飛行機に乗り、移動環境をシミュレーションし、待ち時間が終わると、目的地で飛行機から降りる。

「惑星間移動」:

01.惑星間宇宙ステーション レベル1都市でのみ利用可能な高速移動で、スペースシャトルに入り、スペースシャトル内で移動環境をシミュレーションし、待ち時間が終わると、目的地でスペースシャトルから降りる。

ペットについて

気に入ったものがあれば、手なずけてペットにすることもできますよ。 メタシティMでは、通常のペットだけでなく、珍しい動物もペットとして飼うことができ、欧米や日本の様々なアニメとコラボした「夢のあるレアペット」に出会えるチャンスもありますよ。 ペットは小動物でなければならないなんて、誰が言ったの?


経済・金融について


蓄積価値プレイヤー(ダイヤモンドコイン)、ゲームコインプレイヤー(City Coin)、WEB3仮想コイン購入者(Meta Token)のバランスの良い循環に注目しています。 アウトプットと消費の需給において、「ゲーム側」「WEB2」「WEB3」の相互作用と区分けを計画し、ゲーム側とWEB3(分散型チェーン)、WEB2(一般ウェブページ)を連動させたのです。 このように、投資プレイヤーはグローバルトレード(NFT、仮想コイン)の楽しさを享受しつつ、一般プレイヤーには何ら影響を与えない、つまり、ゲームシステムやバランスは完全に「堅実なゲームコンテンツ体験」を研究開発計画の原点としているので、「プレイヤートレード」が「需要志向」であり、「金儲けゲーム」に落ちることはありません。

「ゲーム側」:
01. ゲーム内アイテム制作
02.City Coinの生産(デイリークエスト、デイリー期間限定素材資源鉱山)
03.City Coin消費(システムから土地を借りる際の週単位の家賃、中級製造、中級建築、期間限定物質資源鉱山の日単位の入場料、週単位の土地税、City Coinモールの入場料、期間限定システムイベント)。
04.ランドNFTを保有するプレイヤーが他のプレイヤーに請求するCity Coinの週単位の賃料
「WEB2 」:
01.ゲーム内コインとCity Coinの残量情報を取得する。
02. ゲーム通貨City Coinをプレイヤーに販売する。
03.プレイヤーがNFTに変換したいゲームアイテムの情報を取得する。
04.プレイヤーがアイテムをNFTに変換する際、消費したCity Coinを差し引いた金額が表示されます。
「WEB3 」:
01.プレイヤーがNFT化したゲームプロップスとNFT公式アイテムの売買
02.仮想通貨「Meta Token」の取引について
03.Meta Tokenの仮想コインで、プレイヤーが棚で販売しているCity Coinのゲームコインを購入する。
04.プレイヤー用ゲームアイテムのNFTへの鋳造
公式土地利息配当証NFT

《MetaCity M》のメタバースでは、各星は24万の土地があり、そのわずか半分の土地がプレイヤーに販売され、公式はシステムによって惑星上の土地をプレイヤーにリースし、各土地は5つの単位に分割され、「土地利息配当証NFT」(1単位の土地は1枚の土地利息配当証となります)が発行され、「土地利息配当証NFT」を保有するすべてのプレイヤーは、購入した単位の数によって、公式がリースした土地の賃貸料の利益を受取り、土地を投資するように、公式システムによって管理され、毎週投資したプレイヤーに配当金が送られ、さらに多くの利益を得ることができます!土地NFTを購入していないプレイヤーは、《MetaCity M》の土地配当金を簡単かつ負担なく受け取ることができます。


プレイヤーは「土地利息配当証NFT」を購入後、ウォレットをGamaゲームアカウントにバインドしてロックする必要があり、NFTを公式倉庫に置き、ロック期間中、公式は毎週、プレイヤーに土地の利益をゲーム通貨のCity Coinとして送り、利益の分配は、土地ランク、都市ランク、町の税率、星のインフレ率、および土地がリースされているかどうかによって異なり、土地がリースされている場合、プレイヤーはNFTをロックを解除できません。

「土地利息配当証NFT」は、プレイヤーがメタバースの世界で土地所有権を低コストで取得できるだけでなく、一級都市で最高のSランクの土地の利益を得る機会もあり、「土地利息配当証NFT」は流通市場で転売することもでき、転売後に現在の週次利益を放棄したと見なされます。

土地利息配当券の詳しい情報はこちら:

https://www.metacitym.com/landevent/jp/more_faq.html

バーチャルコインについて


単に利益を追求し、ゲーム設定を歪め「お金を稼ぐためにゲームをプレイする」という偏ったシステムを作るのではなく、プレイヤーの需要と供給の自然な生態系サイクルが「カジュアル」「面白い」「楽しめる」「永続」するゲームを創り出す鍵なのです。これを維持することでのみ、良質で完全なゲームコンテンツ体験の提供ができると信じています。

ゲーム内のバーチャルコインは、次のように分けられています:
01.定期的に大量生産・消費される「金貨」と「City Coin」
02.課金により価値が交換される「ダイヤ」「ボーナスコイン」
03.名声、貢献、ギルド、消費で生まれる様々なコイン
04. WEB3プラットフォーム通貨「Meta Token」

「金貨」はゲーム内の主な通貨で、一部の消耗品の購入、一部の製造アイテムの消費、乗り物の乗車、一部のイベントアイテムの購入・使用などに使用でき、発行枚数に制限はなく、より大量生産された常時需要のある通貨で、取引はできません。


City Coin
Meta Coinは厳密に管理されたゲーム内コインで、デイリークエスト(ゲーム内でランダムに割り当てられる行動)と、毎日期間限定で収穫できる資源鉱山でのみ入手することが可能です。 ゲーム内で唯一、中央の交換市場でプラットフォームの仮想コインと自由な需要の経済的なレートで交換できる通貨です。 Meta Coinは、一部の中・高レベル製造、建設、毎日限定的な鉱山へのアクセス、商業施設の利用、一部のイベントシステム、システムやプレイヤーからの土地のレンタル(または土地をレンタルすることによる賃貸収入)、NFTへのプロップの鋳造、最初の週を除く毎週の税金(個人の土地、不動産)、娯楽施設などに必要です。
Meta Token
ガマモビは、『MetaCity M』の世界展開(2022年の終わり)に先立ち、プラットフォームWEB3仮想通貨「Meta Token」を正式リリースします。これは、ガマモビの自社開発ゲーム間の共通通貨で、プレイヤーは公式WEB取引プラットフォームを通じてプラットフォーム通貨(Meta Token)とゲーム通貨(City Coin)として利用することが可能です。 また、ガマモービの全ゲームに共通する通貨であるため、将来の取引ニーズが一つのゲーム商品のライフサイクルの衰退に影響されず、すべての参加者が仮想資産の価値を「保存」し、より包括的かつ完全に国境を越えて流通させることができるようになります。
「ダイヤモンド」
入手経路は、ゲーム内で一定の割合でダイヤに変換して使用する「蓄積価値」のみで、公式のゲーム内ショップとゲーム内オークションハウス(プレイヤー間の小道具の売買)が主な利用経路となっています。

お楽しみに!